過去の展示















公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町2-28
TEL&FAX 0798-34-0130
tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp


富岡鉄斎(1836〜1924)は、明治、大正を通じて大きく変革する日本画壇において、独自の画風を展開した文人画家です。その画歴はおよそ70年にわたり、一万点に上るといわれる作品は実に多彩で、文人画の枠をはるかに越えています。
鉄斎と北辰馬家の親交は明治40年、初代悦叟73歳、鉄斎72歳の頃より始まり、鉄斎が89歳で亡くなるまで続きますが、この頃は鉄斎の長い画歴の中でも最も円熟味を増し、多くの傑作を生み出している時期にあたります。
現在辰馬考古資料館に収蔵されている150点の辰馬家旧蔵鉄斎作品の中には、折々の挨拶や答礼と共に贈られたものや、悦叟の喜寿を祝って描かれた『三千歳図』、病気見舞いに相次いで贈られた『漁夫快酔図』『天鈿女命神楽舞図』等五幅の円相、両者の親交を示したものが数多く含まれます。
このたびの春季展では、鉄斎と悦叟の交遊によって染筆された作品を中心に展示いたします。


  • 鉄斎作品 37点
    掛軸・扇子・印章・書翰
富而不驕図 赤柿入手図




展覧会名称
平成28年度 春季展 「富岡鉄斎展」
期間
平成28年3月26日(土)〜5月8日(日)
(前期3/26〜4/17、後期4/19〜5/8)
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
入館料
一般200円 大学生100円
休館日
月曜休館
交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分





未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.