過去の展示















公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町2-28
TEL&FAX 0798-34-0130
tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp


考古学にとって基本となる資料に土器があります。原料あるいは使われ方・つくり方など、すべてが身近なものであるため、時間の移り変わりや地域性をとらえる指標として扱われてきました。
今回の展観では、当館が所蔵するあらゆる時代から土器を並べ、その違いを見比べていただきます。その移り変わりや変化を考えながらご覧ください。


  • 深鉢(茨城県 海老沢)
  • 注口土器(青森県 十腰内)
  • 甕(兵庫県 大阪空港A遺跡)
  • 横瓶(兵庫県 剣坂古墳)
  • 達盤(伝 中国河南省濬県) ほか
深鉢
パンフレットはこちらから




展覧会名称
夏季教室展 「器の考古学」
期間
平成27年6月13日(土)〜8月30日(日)
開館時間
10:00〜16:30
入館料
一般200円、敬老・大学生100円
休館日
月曜日(7/20は開館し、7/21を休館とします)
交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分





未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.