過去の展示















公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町2-28
TEL&FAX 0798-34-0130
tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp


今回の春季展では「老たん度関・陸羽煮茶図」を始め、茶道の始祖とされる唐の陸羽を題材にした作品や、昔話などで知られる一休和尚の逸話を描いた「一休蓮如問答図」など、独特のタッチで描かれる鉄斎の味わい深い作品をご覧いただきたく思います。


  • 鉄斎作品 34点
    掛軸・扇子・器玩・額装・画帖・書翰
陸羽煮茶図(りくうしゃさず) 142.3cm×51.2cm 絹本着色
明治40年、鉄斎72歳の作品。
唐の陸羽は字(あざな)は鴻漸(こうぜん)、自ら桑苧翁(そうちょおう)と号した。捨て子であったが、ある僧に拾われて養われ、刻苦の末、士官(史官)となる。後に隠居し、門を閉じて著述にふけった。特に茶の起源、製茶法や、その点て方、飲み方などを述べた「茶経」が有名で、後世、煎、抹両方の茶祖、茶神として崇拝された。鉄斎は若い頃から煎茶に親しみ、生涯多くの陸羽像を描いている。この図は陸羽が茶を煮る景。賛はその略伝を記す。




展覧会名称
春季展 「富岡鉄斎展」
期間
平成27年3月28日(土)〜5月6日(水・振替休日)
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
(前期3/28〜4/19、後期4/21〜5/6)
入館料
一般200円 敬老・大学生100円 高校生以下無料
休館日
月曜日(但し5/4は開館)
交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分





未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.